ここでは人事から見て、面接や履歴書で注意してほしい点や評価が高い点などをまとめていきますので、
これから応募しようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

履歴書の書き方

rirekisyo履歴書は応募する人の顔と一緒なので、丁寧に書かなくてはいけませんし間違えてはいけません。
きちんと下書きをした上で練習をしてから書かなければいけません。
誤字脱字があってはもちろんいけませんし、その上で誤字脱字を見つけたとしても修正液で訂正したり、二重線で訂正したりしてはいけません。

履歴書の写真は証明写真機で撮影していればどんな写真でもいいと思っている人もいるかもしれませんが、きちんとリクルートスーツを着た写真を使うのが一般的です。
私服で撮影している写真は、履歴書の写真としてはふさわしくありませんし、髪の毛や身だしなみをきちんと整えて撮影をしましょう。

ハンコを押す履歴書もありますが、認印よりは朱肉を使う印鑑を使います。
シャチハタは絶対に使わないようにしましょう。
履歴書を記入する際の筆記用具は黒の万年筆またはボールペンを使います。
学歴は小学校卒業から記入していき、できるだけ空欄がないように履歴書を埋めていきましょう。
採用担当者の人が、その履歴書を見て、あなたを採用したいと思うような履歴書に仕上げることが大切ですし、面接で実際に会ってみたいと思ってもらえるような履歴書に仕上げなければいけません。

面接で気をつける事

次に面接ですが人事から見て、注意してもらいたい点は、質問には簡潔に答えるということですね。
話したいことや言い訳したいことは色々とあるかもしれません。

しかしそれをだらだらと話す場所ではありませんので、質問にはわかりやすく簡潔に答えるようにしましょう。
面接官の目を見てハキハキと答える、第一印象をよくするためにも身だしなみは整えていきましょう。
採用してもらいたいという熱意をアピールします。

そしてこの会社に採用されれば、自分はどのようなメリットが会社にとって与えられるのかということもアピールできるといいですね。
落とすために面接をしているのではなく、あなたに来てもらいたいから、採用するにふさわしい人材かどうかを見極めるために面接を行っていることを忘れてはいけません。