ここでは採用基準について見ていきましょう。
参考サイト:http://next.rikunabi.com/03/n_gimon/n_gimon_01.html
building9

有名企業でのキャリアは有利になるか

有名な会社でのキャリアは採用基準において有利になるのかという疑問を持っている人もいるかもしれませんが、これはどう思いますか?
有利になると思っている人が多いかと思いますが、実際はあまり有利にはならないようです。

キャリア採用、それは会社にはない人材のリソースを社外に求めます。
特定の技術や知識、経験を持っている人が採用されることが多いので会社のブランドではなくて、その人がどのような経験をこれ前にしてきたのか、どのようなスキルが身につけているのかを評価しているので、有名企業だったかどうかはあまり関係がないのです。

もちろん採用基準としてまったく有名企業で働いていたことがプラスにならないわけではありませんが、かといって有名企業で働いていたからといってそれが即採用につながるとも限らないということです。
採用の決め手にはならないにしても、プラスにはなるかもしれません。
有利にする場合でも、書類選考の際のあくまでも判断材料の1つと思っておいたほうがいいでしょう。

ただ、もし有名な会社で業績を上げたことがある、ということであれば大きく評価される可能性もあります。
有名な会社は社員が多いことがほとんどですが、その中で業績を上げたとなれば、評価アップに繋がることもあるのではないでしょうか。

学歴は重視されるのか

採用基準として学歴は重視されるのか気になるところですね。
学歴はあまり重視しないところが多いようです。
学歴を問う会社は、大学で特定の分野や専門の分野を学んだ技術者や、職人を採用する際に問われることが多いのが特徴です。
学歴よりはこれまでの経験のほうが重視されますので、自分のこれまでの経験やスキルに自信を持っている人は学歴はそれほど重要視しなくてもいいでしょう。

ただし、学歴をアピールすることを怠ってはNGです。
経験があって、尚且つ学歴があれば高評価に繋がる可能性がありますし、同じ経験・スキルの人複数人から応募があったとしたら、次に比較対象としてチェックされるのが学歴というパターンもあります。

転職が多いとマイナスイメージか

転職の回数が多ければ採用基準としてマイナスの印象を受けるのか、これは受けますね。
これは仕方がないことかもしれません。

若くて点初期回数が多いとか、1つの仕事に就いている期間が短い人は敬遠されることが多いので注意しましょう。
短い間に転職を何回もしている人はあまり好まれません。
しかしキャリアアップで前向きに転職をしているという場合には、採用基準でマイナスになることはないかもしれません。

転職をして、尚且つキャリアを形成してきたというアピールができればよいでしょう。

採用と年齢

そして採用基準と年齢ですが、35歳以上の人を採用することについては躊躇されるかどうか、この点は経験や専門性がある人なら年齢は問題ないといってもいいでしょう。
どちらかといえば即戦力になるのであれば積極的に採用したいと思っている会社は多いようです。

採用について、下記のページで細かく解説していきます。

未経験者の採用
マッチング求人
面接と履歴書