人事評価の1つ多面評価(360度評価)について見ていきましょう。
room2

多面評価とは

多面評価制度、これは人事を考えるときに直属の上司や上の人が人事を考えるだけでなく、同僚、ほかの部署の管理職の役員や顧客、取引先など外で利害関係にある人にも、人事を考えてもらって評価する方法のことです。

360度評価とも言われているのですが多面評価制度の中で外部利害関係者が人事考課者として入る場合には360度評価とも言われています。
人事考課結果に対しての説得力が増しますので、社員を育てることや昇格をする目的としてはこの人事評価制度初会いやすいのですが、実務に取りまとめが煩雑になったり、成果主義で報酬制度に直接関係付けることに対しては、少し乗り越えなければいけない壁が色々とある制度であることも事実です。

評価内容と対象者

人事評価の多面評価制度は、一般的に5人以上の部下、上司、同僚、後輩などの観察者が、対象者となる管理職に対して所定の質問票がありますので、それに答える形で行っていきます。
質問の内容は管理職の日ごろからの発言、行動などをどんな風に捉えているのか、それを選択する形です。

そして対象者は、これとは別の質問票が用意されているので、それに自分で自己評価をしていきます。
人からの回答だけでなく自己評価の回答も含めて集めて、複数の目で見て観察をして結果を作るのが多面評価の概要となります。

内容

多面評価の具体的な内容は、自己評価と観察者評価を比べること、職務行動の観察評価、この二つを評価します。
自己評価と観察者評価を比較する際にどんなことを見るのかというと、3つの項目があります。

求められる能力は意欲ややる気、思考能力、管理能力・対人能力、この3つで、この3つの領域の中から16項目ありますので、それを自己評価と観察評価を比べて見ていくという流れです。
対象者は、自分の評価と他社からの評価を比べることによって自分のマネジメントが、周りからどのように思われているのか、受け止められているのか、それは自分の認識とギャップがあるのかどうかを理解することが可能になります。

この人事評価はほとんどは管理職を対象にして行われているのですが、管理職という立場は周りの人に影響を与えやすい仕事なので、多面評価制度を導入することで自分についてよく理解するこができるようになります。