スキルより見られるのは人となり

面接にもスキルが必要

面接の際に面接官は一体何を見ているのでしょうか。
それは輝かしい功績や、努力して得たスキルではありません。その人の人柄を重視していることのほうが多いのです。
キチンと話が聞けているか、キチンと話ができているか、性格にブレがないか、人の目を診て話すことができるか、まじめか、その他いろいろなことを見られていることを意識しましょう。

嘘偽りのない自分を出しましょう

人と向き合うと過度に緊張してしまい、言葉の言い方や表現を間違えてしまうことも多々あるでしょう。
しかし、それは他愛のないことです。人間であれば緊張するのは当たり前ですし、それによってマイナス評価につながることは少ないです。しかし、過度に緊張しすぎて、支離滅裂になってしまってはいけません。

また、自分を偽るのも極力控えましょう。できないことをできるといったり、自分を大きく見せようとしたりするとその場は取り繕うことができても、後でしっぺ返しを食らうこともあります。

スキルは結局実績でしか見られない

スキルをアピールしたいのであれば、それに伴う実績が必ず必要になります。
ただ話をするだけでは、知識的な部分は認識してもらえますが、実際にそのスキルを使って何ができるのかは認識されません。職務経歴書に記したとしても、それは同じことです。実績を認めて欲しいのであれば、見られるものをポートフォリオとして準備しなければ何の意味もないのです。

実績がないのに、できると主張しすぎると逆に相手に不信感を与えてしまいます。自己PRは論より証拠だということを忘れないようにしてください。

一緒に働きたいと思わせることが大事

この人となら上手くやっていけそう。この人なら仕事がスムーズにいきそう。そのように思わせることができれば、面接は成功といっても良いでしょう。

やはり大事なのは自分自身の人柄によるところです。面接前には自分磨きを忘れずにしておきましょう。

« Older Entries